レベル3 300 Mixed Environment試験概要

  • ■異種OS混在環境のシステム構築ができ、認証統合とリソースの共有ができる専門家として認定されます
    • 1.Linux、Windows、Unixの混在環境のシステム・インテグレーションやトラブルシューティングができる
    • 2.冗長構成でLDAP、OpenLDAP、Sambaを使ったシステムや認証サーバを構築できる
  • ■レベル3 300 Mixed Environmentの認定を受けるためには、300試験に合格する必要があります
<認定試験のご紹介>
LinuCレベル3 300試験概要
    • LinuC(リナック) 〜日本品質の新しいLinux技術者認定試験〜
      • ・多くの企業からの支援やサポートを受けた資格試験
      • ・技術力を正しく測るため最初から日本語で作成した読解しやすい設問
      • ・定期的な無料セミナーや例題解説など勉強の環境が整っています
      • ・LPICと同じ試験範囲なので、LPICの受験対策をそのまま使うことができます

    LinuC レベル3 300の詳細はこちら>> 

    • LPICレベル3 300試験概要
    • LPIC
      • LinuC(リナック)同様、レベル1からレベル3までの3段階構成の資格試験