HOMEサンプル問題・例題解説304試験の例題と解説334.3 フェイルオーバークラスタ

304試験の例題と解説

334.3 フェイルオーバークラスタ

304試験の試験範囲から「334.3 フェイルオーバークラスタ」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<334.3 フェイルオーバークラスタ>
重要度     6

<説明>
Pacemaker クラスタのインストール、設定、保守およびトラブルシュートの経験。
Corosyncの使用を含む。特にCorosync 2.x の Pacemaker 1.1. に重点を置く。

<主要な知識範囲>
・Pacemaker アーキテクチャとコンポーネント (CIB, CRMd, PEngine, LRMd, DC, STONITHd).
・Pacemaker クラスタ設定
・リソースクラス (OCF, LSB, Systemd, Upstart, Service, STONITH, Nagios).
・リソースのルールと制約 (location, order, colocation).
・高度なリソース機能 (templates, groups, clone resources, multi-state resources).
・pcs を使用した Pacemaker の管理
・crmshを使用した Pacemaker の管理
・Pacemakerと使用するcorosyncの設定と管理
・他のクラスタエンジンの認知 (OpenAIS, Heartbeat, CMAN).

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・pcs
・crm
・crm_mon
・crm_verify
・crm_simulate
・crm_shadow
・crm_resource
・crm_attribute
・crm_node
・crm_standby
・cibadmin
・corosync.conf
・authkey
・corosync-cfgtool
・corosync-cmapctl
・corosync-quorumtool
・stonith_admin


■例題
以下から、STONITHに対応したデバイスを全て選択せよ。

1.UPS
2.PDU
3.ブレードパワーコントロールデバイス
4.ライトアウトデバイス
5.PC搭載電源ユニット

※この例題は実際の試験とは異なります。

解答と解説

答えは 1、2、3、4です。

STONITHとは、Shoot The Other Node In The Headの頭文字をとったもので、
Pacemakerのクラスタではスプリットブレインを防ぐ為にフェンシング(デバイスを再起動等)する機能です。
※スプリットブレイン = クラスタを組むサーバ間のハートビートが切断され、両サーバがアクティブとなる状態。

STONITHの使用には、それに対応したデバイスが必要となります。
対応デバイス
???
UPS(Uninterruptible Power Supply)・・・・無停電電源装置と呼ばれ、停電時などに電力を供給する装置
PDU(Power Distribution Unit)・・・・ラック内に配置されたサーバなどに電力を配電するための電源タップ
ブレードパワーコントロールデバイス・・・・ブレードサーバ向けの電源制御デバイス
ライトアウトデバイス・・・・電源操作等を実施することができる管理デバイス(IBM RSA、HP iLO、Dell DRACなど)

STONITHやフェンシングについては、以下のサイト(英語)が参考になります。
https://clusterlabs.org/pacemaker/doc/crm_fencing.html


■例題解説提供者
LPI-Japanアカデミック認定校 Zeus IT Camp 鯨井 貴博 氏(登録インストラクター)

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ