HOMEサンプル問題・例題解説303試験の例題と解説323.1 ホスト構成管理

303試験の例題と解説

323.1 ホスト構成管理

今回は303試験の試験範囲から「323.1 ホスト構成管理」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<323.1 ホスト構成管理>
重要度 2

<説明>
ホスト構成管理を行うRCSとPuppetの使用方法に精通していること。

<主要な知識範囲>
・RCS
・Puppet

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・RCS
・ci/co
・rcsdiff
・puppet
・puppetd
・puppetmasterd
・/etc/puppet/


■例題
Puppetの説明として間違っているものを選びなさい。

1. Puppetはスタンドアロン型とクライアント・サーバー型で動作する
2. 各クライアントにサーバーからの指示で動作するエージェントを導入する
3. エージェントはマニフェストに記載された内容に従って動作する
4. マニフェストはシェルスクリプトなど各種言語で記述できる

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 4. マニフェストはシェルスクリプトなど各種言語で記述できる です。

クラウド環境の進展と共に、設定を自動的に行う自動化ツールがあらためて注目されていますが、Puppetはその中でもやや古株にあたる自動化ツールです。

特徴としてはスタンドアロン型とクライアント・サーバー型の両方で動作することで、大量のサーバーを自動的に設定するにはクライアント・サーバー型が向いています。各クライアント(設定対象)にはエージェントを導入し、エージェントはサーバー(マスター)からマニフェストを受け取って、指示されたとおりに動作します。

マニフェストは、Puppetのルールに従って記述する必要があるため、プログラミングにあまり心得の無い人は覚えればいいだけですが、プログラミングができる人は自分の得意な言語で記述したり、よりきめ細やかな動作を記述したいと考えるかもしれません。そのような要望に応える自動化ツールも出ているので、適材適所で選択する必要があるでしょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ