HOMEサンプル問題・例題解説302試験の例題と解説312.1 Sambaを設定する

302試験の例題と解説(2014年3月31日終了)

312.1Sambaを設定する

今回は302試験の試験範囲から「312.1 Sambaを設定する」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<312.1 Sambaを設定する>
重要度 6

<説明>
さまざまな目的に応じてSambaデーモンを設定できること。

<主要な知識範囲>
・Sambaサーバの設定ファイルの構成に関する知識
・Samba変数と設定パラメータに関する知識
・SMB/CIFSで使用される主要なTCP/UDPポートの把握
・Sambaのログ取得を設定する
・Sambaに関する問題のトラブルシューティングとデバッグを行う

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・smb.confのパラメータ
・smb.confの変数
・/etc/services
・/var/log/samba/*
・log level
・debuglevel
・testparm
・smbtar
・strace


■例題
Sambaのトラブルを解決するためにログ取得を設定するための設定項目を
選びなさい。

1. log
2. debug
3. error log
4. log level

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 4. log level です。

Sambaは通常、/var/log/samba/ディレクトリなどにログファイルを生成しますが、通常の運用では必要最低限のログしか記録しません。トラブル解決やデバッグなどをする場合には、log levelの設定を変更して、より多くのログを取得できるように設定します。

log levelはログの取得を行わない0から、接続などの情報を表示する1、さらに詳細な情報を表示するには2以上に設定する。通常の動作であればlog levelの設定は1で良いですが、何か異常が発生しているような場合には2に設定してみると良いでしょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ