身近なサービスからITの仕組みを解説する「ITベーシック学習教材」

ITの仕組みを理解し応用できるようになることは、エンジニアに限らずITを利活用する
ビジネスパーソンやこれから社会に出る学生にも求められています。

ITベーシック学習教材とは

ABOUT

背景

これからは、誰もがITを使いこなす世の中に

わが国が目指すべき未来社会の姿として提唱されている「Society 5.0」では、インターネットにあらゆるものがつながることで、暮らし・医療・教育などさまざま分野で、より便利で快適なサービスの誕生が期待されています。
ITがより身近な存在となることで、それを活用し応用していくには、ITを“自分事”として捉え、苦手意識をなくすことが重要です。
そこでLPI-Japanでは、Society 5.0に向けて、だれでもITの全体像を理解できる“一般教養”としてのIT学習教材の開発に乗り出しました。

Society5.0の新たな社会

開発目的

「ITで何ができるのか」を分かりやすく

Society 5.0では、エンジニアに限らず、ビジネスパーソン、さらにはこれから社会に出ていこうとする学生においても「ITで何ができるか?」を見極める能力、すなわち「ITを活かす力」が求められます。その大前提には、「IT=当たり前」という認識が欠かせません。
そこでLPI-Japanでは、全ての人がITの仕組み・ITと社会との関係性を理解し、ITを身近なものと捉えられることを目的に、スマートフォンなどで身近に使っているサービスを題材にITの仕組みが学べる「ITベーシック学習教材」を開発しました。

Society5.0の新たな社会

ITベーシック学習教材の
特長

FEATURE
  • 01
    身近な事例を楽しみながら読み進められる本編

    受講者は高校生レベルと想定し、わかりやすさを重視して作成されています。読み物である「本編」は、初めてITを学ぶ人でも難なく取り組めるようにスマホやSNSなどをテーマに設定し、内容もあえて盛り込みすぎないようにしています。

  • 02
    すぐに教育コースを開講可能!必要なものがワンセットに

    教科書にあたる「本編」、講義での活用を想定して作成された「問題・演習課題」「講師向け講義用スライド」の3つの教材と利用ガイドで構成されています。教材は改変可能なので、受講生に合わせた使い方ができます。

  • 03
    意見交換できるコミュニティで知見・最新の教材をシェア

    活用事例や改善案等の意見交換ができるコミュニティを開設。ご意見はもちろん、改変した教材なども発信できます。フィードバックをもとに改訂された教材は、コミュニティ内で共有されます。まさに “みんなで育てる”教材なのです。

特長の詳細はこちら

推奨するご利用方法

HOW TO USE
学生向けIT学習
  • 一般大学、専門学校などでの入学後のIT学習の導入教材として
  • 高等学校の情報教育教材として
企業向けIT学習
  • 採用内定者の事前学習用の教材として
  • 入社後の新入社員教育用の教材として
  • 経営者、管理職のIT技術理解の教材として

ITベーシック
学習教材の内容

CONTENTS

講義を行うために必要な教科書にあたる読み物としての「本編」、学習内容の理解確認や講義を膨らませる「問題・演習課題」、投影用の「講師向け講義用スライド」の3つがセットになっています。

【提供教材】

  • 本編
  • 問題・演習課題
  • 講師向け授業用スライド
  • 利用ガイド
教材内容の詳細はこちら

よくあるご質問

FAQ
Q ITベーシック学習教材とはどういうものですか?
A ITベーシック学習教材とは、IT教育が学校教育の場で一般教養として広く実践されることを目的に作られた教材です。「本編」「問題・演習課題」「講師向け講義用スライド」の3つをセットにしています。
オープンなIT技術の基本を現実社会での利用シーンを通して学ぶことができ、「ITで何ができるのか」「ITをどう活かすのか」を考える力を伸ばす教育コースを簡単に設けられます。
Q ITベーシック学習教材は誰でも利用できますか?
A 「本編」は、アンケートにお答えいただくことで、閲覧できるURLをメールにてお送りします。
「問題・演習課題」「講師向け講義用スライド」については、LPI-Japanのパートナーとなっている企業や学校、団体にご提供しています。詳しくはLPI-Japan事務局にお問合せください。
Q 「本編」の対象読者のレベルは?
A 高等学校レベルの知識で十分読み進められるレベルです。スマホアプリや無線LANなど、身近なITサービスを題材にアプリ/サーバー/ネットワーク/クラウドなどについてイラストを交えながら解説します。
Q 「本編」の対応デバイスは何ですか?
A PC・スマホ・タブレットに対応しています。
Q 「問題・演習課題」とはどういうものですか?
A 「本編」各章の理解度を確認できる、簡単な選択式問題です。
各問題には基本的に問題を契機として発展的な内容理解につながるよう、調べることや考えることを促す演習課題を付けています。(但し、一部は問題と課題がセットになっていないものもあります。)
Q ITベーシック学習教材はどのようなライセンスでの提供となりますか?
A 「クリエイティブ・コモンズ・パブリック・ライセンス」に従ってライセンスされています。「本編」は「表示-非営利-継承 4.0 国際(CC BY-NC-SA 4.0)」、「問題・演習課題」「講師向け講義用スライド」は「表示-継承 4.0 国際(CC BY-SA 4.0)」でのライセンスとなります。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの詳細についてはこちらを確認ください。
Q ITベーシック学習教材を授業や企業内研修で使うことは可能ですか?
A 「本編」は、非営利目的であれば自由に利用することができます。営利目的(商業上の利得や金銭的報酬を主な目的とした利用)は、LPI-Japanの許諾が必要です。ただし、「本編」を利用した教育において、本編自体に対価を請求しない場合は、営利目的の教育であっても基本的に利用できます。その場合も含め、LPI-Japan事務局までお気軽にお問い合わせください。
Q ITベーシック学習教材のコミュニティとはなんですか?
A ITベーシック学習教材は一定のライセンスの下で改変してご利用いただける教材ですが、その改変されたものをITベーシック学習教材利用者全体で共有・改善していくことを目的としたコミュニティです。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。詳しくはLPI-Japan事務局にお問合せください。