Linux標準教科書について

提供: Linux標準教科書シリーズ/ Linux Standard Text series

本教材「Linux 標準教科書」は、Linux 技術者認定機関である特定非営利活 動法人(NPO)LPI-Japan(エルピーアイジャパン、理事長:成井 弦 www.lpi.or.jp) が、Linux 技術者の育成と技術力向上を支援することを目的として開発した、Linux を 基礎から学習するための教材です。

本教材は、多くの教育機関からのLinux を基礎から学習するための教材や学習環境の 整備に対する要望に応えて、主に、高校・大学・専門学校などをはじめ教育機関向け に開発いたしました。

LPI-Japan は、本教材をLinux 技術者育成に貢献するために無償提供しています。 2008 年9 月16 日より、LPI-Japan のホームページから無償でのダウンロード提供を開 始しています。データはPDF 形式です。

http://www.lpi.or.jp/linuxtext/ <合計:246 頁>

また、実費をご負担いただくことにより、冊子の提供もしています。

本教材は、主に、高校・大学・専門学校・スクールおよび企業内研修などにおいて、 Linux を初めて勉強する学生や社員、およびそれを指導する先生、講師を対象に開発さ れています。そして、これらの教育機関の授業用のテキストとして、初級者が利用で きる内容となっています。

Linux の基礎知識、基本操作からLinux を採用した簡単なサーバ構築などで構成されて います。

本教材は、高校・大学・専門学校などにおけるLinux 入門コースとして、50 分間の授 業×4 回を1 セットとして、13 セット分を想定し、座学+実習形式での利用に適応し た構成になっています。 公開にあたっては、本教材で定義された「クリエイティブ・コモンズ」のライセンス の下で公開されています。( http://creativecommons.org/

■ 表示
 著作権の所在(特定非営利活動法人エルピーアイジャパンに帰属)を明示すること。
■ 改変禁止
 PDF の内容を一切改変しない(抜粋して一部のみを使用しない)こと。(市販等の副教材の併用は問題ありません。)
■ 非営利
 本教材は、営利目的(※)以外で使用すること。
(※)営利目的の利用とは以下のとおり規定しております。
営利企業、非営利団体、個人に関わらず、商業上の利得や金銭的報酬を目的に、印刷実費以上の対価を受講者に請求して、当教材の複製を用いた研修や講義、販売等を行い利益を得ること。

本教材は、最新の技術動向に対応するため、随時アップデートを行っていきます。 また、テキスト作成やアップデートについては、意見交換のWiki サイトやメーリング リストで、誰でもオープンに参加できます。

Wiki サイトのURL:http://www.lpi.or.jp/linuxtext/mediawiki/
メーリングリスト登録のURL:http://list.ospn.jp/mailman/listinfo/linux-text

テキストの構成

1 章 Linux とは
2 章 基本的なコマンド
3 章 正規表現とパイプ
4 章 基本的なコマンド2
5 章 エディタの使い方
6 章 管理者の仕事
7 章 ユーザ権限とアクセス権
8 章 シェルスクリプト
9 章 ネットワークの設定と管理
10 章 ネットワークサービス
11 章 X Window System
12 章 ハードウェア
13 章 ファイル管理

本教材の使用に関しては、特定非営利活動法人エルピーアイジャパンの許諾が必要です。使用許諾に関しては下記にお問合せください。
特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(LPI-Japan)事務局
TEL :03-3568-4482、FAX: 03-3568-4483
E-mail:info@lpi.or.jp
http://www.lpi.or.jp/