HOMEサンプル問題・例題解説304試験の例題と解説330.4 その他の仮想化ソリューション

304試験の例題と解説

330.4その他の仮想化ソリューション

今回は304試験の試験範囲から、「330.4 その他の仮想化ソリューション」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<330.4 その他の仮想化ソリューション>
重要度 3

<説明>
XenおよびKVM以外の仮想化技術についての基本的知識と経験。

<主要な知識範囲>
・その他の仮想化技術についての認知
・その他の仮想化技術に関する基本的な技術的知識

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・OpenVZ
・VirtualBox

 ■例題
以下の仮想化ソリューションのうち、ホストOS型に分類されるものを選びなさい。

1. Xen
2. KVM
3. OpenVZ
4. VirtualBox

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 4. VirtualBox です。

仮想化ソリューションには、その構造によっていくつかの種類に分類されます。

Xenはハイパーバイザー上で仮想マシンで動作することからハイパーバイザー型に分類されます。

一方、VirtualBoxはホストOSが動作している上で、通常のアプリケーションとして実装された仮想マシンソフトウェアが動作するので、ホストOS型に分類されます。

KVMもハイパーバイザー型に近いですが、仮想マシンがQEMUを利用していることや、仮想マシンがプロセスとして動作して見えることなどから、ハイパーバイザー型とホストOS型の中間ぐらいのハイブリット型とでも言うべき構造をしています。

OpenVZはコンテナ型と呼ばれる種類の構造をしています。


それぞれのソリューションの構造を知ることは、向き不向きや障害発生時の問題解決のために重要となるので、しっかりと把握しておきましょう。

 

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ