HOMEサンプル問題・例題解説304試験の例題と解説334.2 ロードバランスクラスタ

304試験の例題と解説

334.2 ロードバランスクラスタ

今回は304試験の試験範囲から「334.2 ロードバランスクラスタ」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<334.2 ロードバランスクラスタ>
重要度     6

<説明>
LVSのインストール、設定、保守、トラブルシュートについて知っている。 keepalived と ldirectordの設定と使用についても含む。 HAProxyのインストール、設定、保守、トラブルシュート以上のことができる。

<主要な知識範囲>
・LVS / IPVSの理解
・VRRPの基本知識
・keepalivedの設定
・ldirectordの設定
・バックエンドサーバのネットワーク設定
・HAProxyの理解
・HAProxyの設定

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・ipvsadm
・syncd
・LVS フォワーディング (NAT, Direct Routing, Tunneling, Local Node)
・接続スケジューリングアルゴリズム
・keepalived 設定ファイル
・ldirectord 設定ファイル
・genhash
・HAProxy 設定ファイル
・ロードバランスアルゴリズム
・ACL


■例題
keepalivedのLVSのスケジューリングアルゴリズムを重みを加味したコネクション数でスケジュールするものを設定したい。keepalived.confのlvs_sched(lb_algo)に設定する値として正しいものを選択しなさい。

1.rr
2.wrr
3.lc
4.wlc

※この例題は実際の試験問題とは異なります。

解答と解説

答えは 「4.wlc」です。

keepalivedはLVSと組み合わせて使用されるサービスで、大きく2つの機能を持っています。

1.サービスの稼働状況を監視し、サービスが停止しているサーバへの振り分けを、ロードバランサが実施しないよう、動的にロードバランサの設定を変更する。

2.LVSのヘルスチェックを行い、ロードバランサに問題が発生した際に、冗長化されたロードバランサのフェールオーバを行う。

このkeepalivedの2つの機能を使用することで、負荷分散と高可用性クラスタを構築することができます。

keepalivedは外部からのデータ、処理要求を設定されたスケジューリングアルゴリズムにしたがって振り分けることで負荷分散を行います。

keepalivedのLVSのスケジューリングアルゴリズムはkeepalived.confのlvs_sched(lb_algo)で設定することが可能です。
主なスケジューリングアルゴリズムは以下の通りです。

・rr  :round robinの略です。ラウンドロビンの動作をします
・wrr :weight round robinの略です。ラウンドロビンですが、重みを加味して分散先を選択します
・lc  :least connectionの略です。コネクション数が少ないものを優先して、分散先を選択します
・wlc :weight least connectionの略です。コネクション数が少ないものから優先しますが、重みを加味して分散先を選択します
・lblc:locality based least connectionの略です。コネクション数が設定されている重みを超過するまでは同じサーバを選択します
・sh  :source hashingの略です。送信元IPアドレスからハッシュ値を計算し、分散先を選択します
・dh  :destination hashingの略です。宛先IPアドレスからハッシュ値を計算し、分散先を選択します


◆例題作成者
株式会社デージーネット システム設計部    森 彰吾 氏
株式会社デージーネット ソリューション開発部 丸吉祐也 氏


  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ