HOMEサンプル問題・例題解説304試験の例題と解説330.6 クラウド管理ツール

304試験の例題と解説

330.6 クラウド管理ツール

今回は304試験の試験範囲から「330.6 クラウド管理ツール」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<330.6 クラウド管理ツール>
重要度 2

<説明>
一般的なクラウド管理ツールの基本機能の知識。

<主要な知識範囲>
・OpenStack と CloudStackの基本機能の知識
・Eucalyptus と OpenNebulaの認知

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・OpenStack
・CloudStack
・Eucalyptus
・OpenNebula


■例題

クラウド管理ツールの説明として間違っているものを選びなさい。

1. クラウド管理ツールは仮想マシンやネットワークなどを管理する
2. OpenStackやCloudStackを使って、独自のクラウド環境を構築できる
3. Eucalyptusは多機能な独自APIを提供するクラウド管理ツールである
4. OpenNebulaはXenやKVMなどに対応したクラウド管理ツールである

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 3. Eucalyptusは多機能な独自APIを提供するクラウド管理ツールである です。

クラウド管理ツールの役割は、仮想マシンやネットワーク、ストレージなど、クラウド環境を構成する各種リソースを管理するための機能を提供することです。

OpenStackやCloudStackは、独自のIaaS(Infrastructure as a Service)を構築、運用するためのクラウド管理ツールです。対応するハイパーバイザーなどは多岐に渡っており、企業のプライベートクラウド構築や商用クラウドサービスの提供などにも利用されています。

Eucalyptusは、AWS互換のAPIを提供することを目的としたクラウド管理ツールです。

OpenNebulaも、XenやKVMといったハイパーバイザーに対応したクラウド管理ツールです。その他のクラウド管理ツールに比べてシンプルな構成であるのが特徴です。

■例題作成者
株式会社びぎねっと 代表取締役社長 宮原徹氏

※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ