HOMEサンプル問題・例題解説304試験の例題と解説333.1 DRBD

304試験の例題と解説

333.1 DRBD

今回は304試験の試験範囲から「333.1 DRBD」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<333.1 DRBD>
重要度     3

<説明>
DRBDのインストール、設定、保守およびトラブルシューティングに関する経験と知識。
Pacemakerおよびheartbeatとの統合を含む。

<主要な知識範囲>
・DRBD

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・Pacemakerとの統合
・heartbeatとの統合


■例題
DRBDの説明として、正しいものを選びなさい。

1. DRBDはファイルベースでノード間のデータを同期する仕組みである
2. DRBDは障害からの復旧時に差分更新で迅速に復旧させることができる
3. DRBDは2ノードでのデータ同期のみサポートしている
4. DRBDはアクティブ・スタンバイ構成でのみ動作する

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 2. DRBDは障害からの復旧時に差分更新で迅速に復旧させることができる です。

DRBDは複数のノード間でデータを同期する仕組みです。名前にも含まれている通り、ブロックデバイス(BD)の単位での同期を行います。ファイル単位の同期に比べて、変更されたブロックだけ同期を行えばよく、効率の良いデータ同期が行えます。

DRBDでは、3ノードまでの同期が行えます。また、アクティブ・スタンバイ構成だけでなく、アクティブ・アクティブな構成も取ることができます。ただし、データの安全性などを考えるとアクティブ・スタンバイ構成が望ましく、その場合にはアクティブノードのみ書き込みが行えます。

障害発生時にスタンバイノードをアクティブノードへと変更するために、PacemakerやheartbeatなどのHAソフトウェアとの連携が必要になります。NFSなどの外部ストレージを使用しないで済む「シェアードナッシング型」のHAクラスタを構成することができるので、必要に応じてDRBDを使用したHAクラスタを設計、構築するとよいでしょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ