HOMEサンプル問題・例題解説303試験の例題と解説324.3 ネットワークの監視

303試験の例題と解説

324.3ネットワークの監視

今回は303試験の試験範囲から、「324.3 ネットワークの監視」についての例題を解いてみます。


■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<324.3 ネットワークの監視>
重要度     3

<説明>
 ネットワーク監視ツールの使用方法と設定に精通していること。

<主要な知識範囲>  
  
・Nagiosの設定及び使用方法
・ntop

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>    

・ntop
・nagios
・nagiostats
・nagios.cfg 及びその他の設定ファイル


■例題
Nagiosの設定において、オブジェクト設定に含まれないものを選びなさい。

1. ホスト
2. サービス
3. OS
4. 連絡先



※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 3. OS です。

Nagiosでは、設定ファイルで監視対象となるオブジェクトを定義しています。

オブジェクトは、監視対象となるホストやサービス、障害検知時の連絡先などを設定ファイル内で定義していきます。設定自体はかなりシンプルですが、Nagiosでは設定ファイルがそれぞれのオブジェクト定義で分かれているので、やや可読性に欠けるところがあるのが難点でしょうか。設定を共通化
するためのテンプレートなども用意されているので、上手に活用することで設定をシンプルにまとめることができるでしょう。

Nagiosの基本的な動作はネットワークベースであるため、基本的にどのようなOSでシステムやサービスが動作しているかはそれほど関係ありません。しいていえば、監視対象のシステム上で動作するプラグインがOSに関係していますが、オブジェクト定義にOSは含まれていません。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ