HOMEサンプル問題・例題解説303試験の例題と解説326.4 FreeIPA のインストレーションとSambaの統合

303試験の例題と解説

326.4 FreeIPA のインストレーションとSambaの統合

303試験の試験範囲から「326.4 FreeIPA のインストレーションとSambaの統合」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<326.4 FreeIPA のインストレーションとSambaの統合>
重要度     4

<説明>
FreeIPA v4.x に精通していることが求められる。
これには、FreeIPAのADとの統合と同様に、FreeIPAドメインでのサーバーインスタンスのインストレーションと管理を含む。

<主要な知識範囲>
・アーキテクチャとコンポーネントを含む、FreeIPAの理解。
・FreeIPAのインストールに必要なシステムと設定の理解。
・FreeIPA サーバーとドメインのインストールと管理。
・ADのレプリケーションとKerberosのcross-realm trustの理解と設定。
・FreeIPAでのsudo、autofs、SSHおよびSELinuxの統合についての知識。

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・389 Directory Server, MIT Kerberos, Dogtag Certificate System, NTP, DNS, SSSD,certmonger
・ipa と関連するサブコマンド
・ipa-server-install, ipa-client-install, ipa-replica-install
・ipa-replica-prepare, ipa-replica-manage


■例題
FreeIPAにおいて、IPAサーバを設定するために使用するコマンドは何か。

※この例題は実際の試験とは異なります。


解答と解説

答えは 「ipa-server-install」 です。

FreeIPAは、Linux/UNIXネットワーク環境におけるID管理・認証を統合するものです。
※https://www.freeipa.org/page/Main_Pageが本家サイト。


IPAサーバの設定にはipa-server-installコマンドを使用し、
引数を指定して実行する・対話モードのどちらでも実行可能です。

指定可能なオプションには、以下のようなものがあります。
 -r,?-realm:レルム名
 -n,?-domain:ドメイン名
 -p,?-ds-password:ディレクトリサーバのマネージャパスワード
 -P,?-master-password:ケルベロスマスターパスワード
 -a,?-admin-password:IPA管理者パスワード

また、FreeIPAで使用するコマンドには、
ipa-server-installの他に以下のコマンドがあります。
 ipa-client-install:IPAクライアントを設定する
 ipa-replica-install:IPAサーバ(マスター)のコピー(レプリカ)を作成する
 ipa-replica-prepare:IPAサーバ(レプリカ)作成の準備をする
 ipa-replica-manage:IPAサーバ(レプリカ)の管理をする


■例題解説提供者
LPI-Japanアカデミック認定校「Zeus IT Camp」LPICレベル3認定者 鯨井 貴博 氏

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ