HOMEサンプル問題・例題解説303試験の例題と解説325.1 X.509 証明書と公開鍵の基礎

303試験の例題と解説

325.1X.509 証明書と公開鍵の基礎

今回は303試験の試験範囲から「325.1 X.509 証明書と公開鍵の基礎」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<325.1 X.509 証明書と公開鍵の基礎>
重要度     5

<説明>
X.509 証明書と公開鍵の基礎について理解していることが求められる。OpenSSLを使用しての認証局を作成したり、さまざまな目的にSSL証明書の発行する方法も含まれる。
    
<主要な知識範囲>
・X.509 証明書、X.509 証明書のライフサイクル、X.509 証明書のフィールドおよびX.509v3 証明書の拡張についての理解。
・トラストチェーンと公開鍵の基礎についての理解。
・公開鍵と秘密鍵の生成と管理。
・セキュアな認証局の作成と運用。
・サーバー証明書とクライアント証明書の要求、署名、管理。
・証明書と認証局の廃止。

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
opensslとそのサブコマンド
OpenSSL の設定
PEM, DER, PKCS
CSR
CRL
OCSP


■例題
X.509 証明書のフィールドの説明として、誤っているものを選択してください。

1. Subjectフィールドは、証明書の識別子が記述される
2. Issuerフィールドは、証明書を発行した認証局の識別子が記述される
3. SerialNumberフィールドは、証明書を識別するための同一の認証局内においてユニークな値が記述される
4. NotBeforeフィールドは、証明書が無効になる日付が記述される

※この例題は実際のLinuC試験問題とは異なります。
 

解答と解説

答えは 「4. NotBeforeフィールドは、証明書が無効になる日付が記述される」です。

X.509 証明書の主なフィールドをwww.example.orgの証明書を例にあげて解説します。
「#」から始まる部分が解説にあたります

-----------------------------------------------------------------
Certificate:
    Data:
        # X.509規格のバージョン情報
        Version: 3 (0x2)
        # 同一認証局(CA)で作成された証明書を区別するためのシリアル
        Serial Number:
            0e:64:c5:fb:c2:36:ad:e1:4b:17:2a:eb:41:c7:8c:b0
    # 署名の暗号アルゴリズム
    Signature Algorithm: sha256WithRSAEncryption
        # 証明書を署名したCAの識別子
        Issuer: C=US, O=DigiCert Inc, OU=www.digicert.com, CN=DigiCert SHA2 High Assurance Server CA
        # 発行日・有効期限情報
        Validity
            # 発行日
            Not Before: Nov  3 00:00:00 2015 GMT
            # 有効期限
            Not After : Nov 28 12:00:00 2018 GMT
        # 証明書の識別子
        Subject: C=US, ST=California, L=Los Angeles, O=Internet Corporation for Assigned Names and Numbers, OU=Technology, CN=www.example.org
        # 公開鍵の情報
        Subject Public Key Info:
            # 公開鍵の暗号アルゴリズム
            Public Key Algorithm: rsaEncryption
                Public-Key: (2048 bit)
                Modulus:
                  (ハッシュ値のため省略)
                Exponent: 65537 (0x10001)
        X509v3 extensions:
                  (拡張フィールドのため省略)
    # CAによるデジタル署名の情報
    Signature Algorithm: sha256WithRSAEncryption
        (ハッシュ値のため省略)
-----------------------------------------------------------------

上記の通り、Not Beforeフィールドは証明書の発行日を表します。このため
「4. NotBeforeフィールドは、証明書が無効になる日付が記述される」は、誤りです。

X.509証明書のフィールドは、フィールドの意味を理解していないと何の情報かがわかりません。
特に証明書に関連するトラブルが発生した時に、署名したCAとの整合性や有効期限を確認するなど、
情報を参照することは多々あります。フィールドとその意味をよく理解しておきましょう。


■例題作成者 株式会社デージーネット ソリューション開発部 森 彰吾 氏

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ