HOMEサンプル問題・例題解説303試験の例題と解説326.1 ホストの堅牢化

303試験の例題と解説

326.1 ホストの堅牢化

今回は303試験の試験範囲から「326.1 ホストの堅牢化」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<326.1 ホストの堅牢化>
重要度     3

<説明>
一般的な脅威からLinuxが稼働するコンピュータをセキュアにすることができることが求められる。

<主要な知識範囲>
・BIOSとブートローダー(GRUB 2)強化の設定。
・無用なソフトウェアとサービスの無効化。
・セキュリティ関連のカーネル設定、特にASLR、Exec-Shield および IP / ICMP の設定のためのsysctlの使用。
・リソース使用量の制限。
・chroot 環境での作業。
・不要な機能権限の削除。
・仮想化のセキュリティの有意性についての知識。


<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・grub.cfg
・chkconfig, systemctl
・ulimit
・/etc/security/limits.conf
・pam_limits.so
・chroot
・sysctl
・/etc/sysctl.conf

■例題

/etc/security/limits.confの説明として適切なものを選択しなさい

1. limits.confは、カーネルパラメータを設定するファイルである
2. limits.confは、ユーザ・グループ毎のシステムリソースの制限を行うファイルである
3. limits.confは、プロセス毎のシステムリソースの制限を行うファイルである
4. limits.confの設定は、ulimitコマンドで反映する

※この例題は実際の試験問題とは異なります。

解答と解説

答えは 「2. limits.confは、ユーザ・グループ毎のシステムリソースの制限を行うファイルである」です。

limits.confは、システムのユーザやグループ毎に、システムのリソースを制限の設定をするためのファイルです。limits.confは以下の書式で設定を行います。

[書式]
---------------------------------------------------------------------------------------
<domain>      <type>  <item>         <value>

domain … 制限の対象となるユーザIDやグループID等を設定します
type  …  hard/soft/-を設定します
            hardの場合は、rootユーザが変更可能なリソース上限を設定することを意味します
            softの場合は、一般ユーザが変更可能なリソース上限を設定することを意味します
            -の場合は、hardとsoftに同一の値を設定することを意味します
item  … 制限するリソースの属性を設定します。主な属性値は以下のとおりです。
            
            [主な属性値]
            nproc  … domainが起動できるプロセス数の上限値
            nofile … domainがオープンできるファイルディスクリプタの上限値
            fsize  … domainが作成できるファイルサイズの上限値
            
value   … リソースの上限値を設定します
            0の場合、無制限を意味します
---------------------------------------------------------------------------------------

例えば、apacheユーザが扱うファイルディスクリプタの上限値を変更する場合には、以下のように設定します。

[設定例]
---------------------------------------------------------------------------------------
apache         -     nofile      10240
---------------------------------------------------------------------------------------


その他の選択肢の解説は以下の通りです。

「1. limits.confは、カーネルパラメータを設定するファイルである」

カーネルパラメータの設定を行う設定ファイルは、/etc/sysctl.confです。
limits.confはシステムリソースの制限についての設定を行うファイルですので、この選択肢は誤りです。

「3. limits.confは、プロセス毎のシステムリソースの制限を行うファイルである」

limits.confはプロセス毎のリソース制限は行うことができないため、この選択肢は誤りです。


「4. limits.confの設定は、ulimitコマンドで反映する」

ulimitコマンドは、ユーザ毎の現在の制限値の参照や、一時的な制限値の変更を行うためのコマンドです。そのためこの選択肢は誤りです。


■例題作成者
株式会社デージーネット ソリューション開発部    森 彰吾 氏

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ