HOMEサンプル問題・例題解説303試験の例題と解説322.4 FTP

303試験の例題と解説

322.4FTP

今回は303試験の試験範囲から、「322.4 FTP」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容(2010年2月12日時点)は以下の通りです。トピックの詳細はこちらからご確認ください。

322.4 FTP
重要度:1

<説明>
Pure-FTPdサービスおよびvsftpd FTPサービスの使用方法と設定上のセキュリティ問題について経験と知識があること。

<主要な知識範囲>

  • Pure-FTPd 設定 及び重要なコマンドラインオプション
  • vsftpd の設定
  • chroot 環境

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>

  • SSL/TLS
  • vsftp.conf

■例題
SSL/TLSをサポートしたFTPプロトコルとして正しいものを選びなさい。

  1. FTPS
  2. SCP
  3. SFTP
  4. STP

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 1. FTPS です。

FTPは古くから利用されているプロトコルのため、通信の安全性の点で劣ります。匿名FTPなど安全性の必要が低いシステムであれば問題ありませんが、暗号化などの配慮が必要です。

FTPをSSL/TLSで暗号化するプロトコルとして、FTPSがあります。Pure-FTPdやvsftpdも、OpenSSLと組み合わせることで実現できます。また、サーバだけでなくクライアントもFTPSをサポートしている必要があります。

SCPやSFTPは、SSHで実現するセキュアなファイル転送の仕組みです。SSHで接続しログインできる場合には比較的簡単に利用できるので、管理者だけが使うファイル転送が必要であれば、こちらを利用する方が簡単でしょう。

STPは、ネットワークスイッチの冗長化に使用するSpanning Tree Protocolです。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ