HOMEサンプル問題・例題解説301試験の例題と解説306.2 リソースの問題をトラブルシューティングする

301試験の例題と解説(2014年3月31日終了)

306.2リソースの問題をトラブルシューティングする

今回は301試験の試験範囲から「306.2 リソースの問題をトラブルシューティングする」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<306.2 リソースの問題をトラブルシューティングする>
重要度 4

<説明>
リソースの問題を把握して解決できること。

<主要な知識範囲>
・システムトラブルの徴候と発生しそうな問題の突き合わせ/関連付けを行う
・システムのボトルネックを見つけ出す

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・swap
・I/Oでブロックされるプロセス
・ブロックイン
・ブロックアウト


■例題
スワップがシステムのボトルネックになることと関連づけられる事柄として間違っているものを選びなさい。

1. プロセスが大量のメモリを要求している
2. 起動しているプロセス数が多い
3. 大量のディスクアクセスが発生している
4. I/O待ちで性能が劣化する

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 2. 起動しているプロセス数が多い です。

スワップは仮想メモリの機構が行う仕組みで、物理メモリが不足してきた場合、あまり使用されていないメモリを一時的にディスク上に作られたスワップ領域に書き出す(スワップアウト)仕組みです。

メモリ不足の要因として、動作しているプロセスが大量のメモリを要求して空きメモリが無くなるケースがあります。通常の利用の場合はもちろん、プログラムの不具合でメモリを大量に消費してしまう場合もあります。前者はメモリ増設などで対処していくべき問題ですが、後者は根本的には不具合を修正する必要があります。

スワップが発生すると、ディスクへの書き出しや読み出しが発生します。あまり頻繁にスワップが発生しなければそれほど問題はありませんが、大量に発生すると通常のディスクの読み書きにも影響を及ぼすので、できるだけスワップが発生しないようにメモリ量などを調整しておく必要があるでしょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ