HOMEサンプル問題・例題解説301試験の例題と解説306.1 リソース使用率を測定する

301試験の例題と解説(2014年3月31日終了)

306.1リソース使用率を測定する

今回は301試験の試験範囲から「306.1 リソース使用率を測定する」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<306.1 リソース使用率を測定する>
重要度 4

<説明>
ハードウェアリソースとネットワーク帯域幅の使用率を測定できること。

<主要な知識範囲>
・CPU使用率を測定する
・メモリ使用量を測定する
・ディスクI/Oを測定する
・ネットワークI/Oを測定する
・ファイアウォール機能とルーティングスループットを測定する
・クライアントの帯域幅使用率をマップする

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・iostat
・vmstat
・pstree
・w
・lsof
・top
・uptime
・sar


■例題
vmstatを使って確認できない情報を選びなさい。

1. プロセス数
2. メモリ使用量
3. ハードディスク容量
4. CPU使用量

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 3. ハードディスク容量 です。

vmstatを使用すると、リアルタイムにシステム負荷を確認することができます。

○vmstat実行例
$ vmstat
procs -----------memory---------- ---swap-- -----io---- --system-- ----cpu----
 r  b   swpd   free   buff  cache   si   so    bi    bo   in    cs us sy id wa
 2  0 500724  46964    804 211284    0    0    47    38    0     0  4  3 93  0

確認できる情報としては

・プロセス
・メモリ
・スワップ
・I/O
・システム割り込み
・CPU使用率


ハードディスクについて確認できるのは容量ではなく、ブロックデバイスとしての転送量が確認できます。biが書き込み、boが読み出しのブロック数となります。

vmstatを使用することで、どのリソースに対する負荷が高く、性能が劣化しているかを確認することができるので、読み方をしっかりと把握しておきましょう。
  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ