HOMEサンプル問題・例題解説301試験の例題と解説301.2 ディレクトリ設計

301試験の例題と解説(2014年3月31日終了)

301.2ディレクトリ設計

今回は301試験の試験範囲から、「301.2 ディレクトリ設計」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<301.3 スキーマ>
重要度 3

<説明>
スキーマ概念と、OpenLDAPのインストール時に付属する基本スキーマファイルに習熟していること。

<主要な知識範囲>
・LDAPスキーマの概念
・スキーマを作成、変更する
・属性とオブジェクトクラスの構文

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・基本スキーマファイル
・拡張スキーマ
・オブジェクト識別子
・/etc/ldap/schema/*
・オブジェクトクラス
・属性
・includeディレクティブ


■例題
OpenLDAPのスキーマについて正しいものを選びなさい。

1. スキーマファイルはincludeディレクティブで読み込む
2. スキーマファイルは専用のツールを使ってバイナリとして生成する
3. 基本スキーマはすべて読み込まなければならない
4. オブジェクト識別子は自由に設定してよい

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 1. スキーマファイルはincludeディレクティブで読み込む です。

OpenLDAPのスキーマ定義は、階層型データベースであるディレクトリに格納するデータを定義することです。この定義に従った形でデータはディレクトリに格納されます。

OpenLDAPは、インストールすると典型的なスキーマを定義したスキーマファイルを一緒にインストールします。汎用性の高いスキーマ定義ですが、すべてが必ず必要というわけではありません。必要に応じてincludeディレクティブを使って読み込むことで利用可能となります。

スキーマファイルはテキストファイルとして提供されており、定義内容はテキストエディタなどで確認することができます。また、標準で用意されているスキーマ定義だけではアプリケーションがサポートできない場合には、独自にスキーマファイルを作成することでスキーマを拡張できます。

ただし、ユーザーが独自に拡張した拡張スキーマには、オブジェクト識別子(OID)を割り当てる必要があります。オブジェクト識別子もドメイン名などと同じく階層化された空間を持っているため、拡張スキーマの衝突を避けるためには独自に組織のためのOIDを取得しなければなりません。


スキーマ拡張については、OpenLDAPのマニュアルを一読しておくと良いでしょう。

○OpenLDAP ソフトウェア 2.3 管理者ガイド  9. スキーマ指定
http://www5f.biglobe.ne.jp/~inachi/openldap/admin23/schema-ja.html

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ