HOMEサンプル問題・例題解説301試験の例題と解説301.1 LDAPの概念とアーキテクチャ

301試験の例題と解説(2014年3月31日終了)

301.1LDAPの概念とアーキテクチャ

今回は301試験の試験範囲から、「301.1 LDAPの概念とアーキテクチャ」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<301.1 LDAPの概念とアーキテクチャ>
重要度  3

<説明>
LDAPとX.500の概念に習熟していること。

<主要な知識範囲>
・LDAPとX.500の技術仕様
・属性定義
・ディレクトリ名前空間
・識別名(DN)
・LDAPデータ交換フォーマット(LDIF)
・メタディレクトリ
・changetype

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・LDIF
・メタディレクトリ
・changetype
・X.500
・/var/lib/ldap/*


■例題
OpenLDAPのデータが格納されているディレクトリを選びなさい。

1. /home/ldap
2. /var/ldap
3. /var/lib/ldap
4. /var/spool/ldap

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 3. /var/lib/ldap です。

OpenLDAPはディレクトリのデータはデータベースで格納しており、データファイルは/var/lib/ldapディレクトリに配置されています。OpenLDAPのレプリケーションを設定する際には、このディレクトリの中にあるデータを一式、スレーブとなるホストにコピーするなど、構成、管理上知っておきたいディレクトリです。

データベースのため、LDAPディレクトリの情報が書き換わる度に変更が加えられます。もしバックアップを取る場合には、OpenLDAPのサービスを停止させて、きちんとコールドバックアップを取るのが良いでしょう。

停止できない場合には、ファイル単位でバックアップを取るのではなく、LDIF形式などでデータを取り出してバックアップする方法か、レプリケーションをバックアップとする考え方を採用するなどの方法が考えられます。ただし、レプリケーション先のスレーブのデータからマスターを復元する場合には、事前に手順をしっかりと確認しておく必要があるでしょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ