HOMEサンプル問題・例題解説301試験の例題と解説306.4 将来のリソース需要を予測する

301試験の例題と解説(2014年3月31日終了)

306.4将来のリソース需要を予測する

今回は301試験の試験範囲から、「306.4 将来のリソース需要を予測する」についての例題を解いてみます。


■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<306.4 将来のリソース需要を予測する>
重要度 1

<説明>
リソース使用率を監視して、将来のリソース需要を予測できること。

<主要な知識範囲>
・システム構成でのキャパシティの限界点を予測する
・リソース使用量の増加率を観察する
・リソース使用量の傾向をグラフ化する

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・システム診断
・増加率予測
・リソースの平均使用率
・リソース消費


■例題
リソース使用量の増加率予測について間違っているものを選びなさい。

1. 夜間にCPU使用率が高くなっているので、CPUを強化する必要がある
2. メモリ使用量が増加しスワップが発生しているのでメモリを増設する必要がある
3. ハードディスクの使用量が増加しているので、ハードディスクを増設する必要がある
4. 朝や昼など特定の時間帯でのネットワークの使用量が増加しているので、ネットワークを増強する必要がある


※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 1. 夜間にCPU使用率が高くなっているので、CPUを強化する必要がある です。

夜間にCPU使用率が高くなっているのは、たとえばcronで何か処理をしていたり、アプリケーションが夜間のバッチ処理などを行っていることによる可能性が高いので、その処理が想定した時間内に終了していれば特別問題は無いと考えられます。一方、日中に恒常的にCPU使用率が高くなっており、アプリケーションなどの反応が悪い場合にはCPU増強で問題を解決できないか考える必要がでてきます。

ただし、その場合でもその他のリソースの使用状況を勘案して検討する必要があります。特にメモリが逼迫している場合、スワップによる速度低下が起きている場合があるので、メモリの使用状況には注意を払うべきでしょう。

ハードディスクの容量は、性能などにすぐに影響を及ぼすわけではありませんが、データが蓄積されていくアプリケーションがある場合、容量不足によるシステムエラーなどが発生します。ある程度余裕を持って増設を検討すべきでしょう。

ネットワークは利用者が多い時間帯に突発的に使用量がピークを迎える傾向があります。応答速度を確保しなければならない場合、接続経路の帯域はもちろん、Linuxホスト側のネットワークインターフェースを増設するなどの対応が必要なこともあります。

システム稼働の初期に想定しなかったリソースの使われ方が起きることがあるので、可能な限り定常的にリソース使用量を監視し、分析していく必要があるでしょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ