HOMEサンプル問題・例題解説301試験の例題と解説306.1 リソース使用率を測定する

301試験の例題と解説(2014年3月31日終了)

306.1リソース使用率を測定する

今回は301試験の試験範囲から、「306.1 リソース使用率を測定する」についての例題を解いてみます。


■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<306.1 リソース使用率を測定する>
重要度 4

<説明>
ハードウェアリソースとネットワーク帯域幅の使用率を測定できること。

<主要な知識範囲>
・CPU使用率を測定する
・メモリ使用量を測定する
・ディスクI/Oを測定する
・ネットワークI/Oを測定する
・ファイアウォール機能とルーティングスループットを測定する
・クライアントの帯域幅使用率をマップする

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・iostat
・vmstat
・pstree
・w
・lsof
・top
・uptime
・sar


■例題
iostatで測定できるものをすべて選びなさい。

1. CPU使用率
2. メモリ使用量
3. ディスクI/O
4. ネットワークI/O

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 1. CPU使用率 と 3. ディスクI/O です。

Linuxのシステム性能を確認するにはいくつかのツールを使用しますが、それぞれのツールが測定できる項目をふまえて、適切に使用する必要があります。

iostatは、CPU使用率とディスクI/O(正確にはブロックデバイスI/O)を測定することができます。システムの性能が十分ではないと感じられる時に、最も注目したいのがI/Oが遅いことによる速度低下です。これはつまり、CPUやメモリなどの性能に比べてハードディスクの性能がとても遅いことに起因します。


○iostat実行例
# iostat

CPU平均:  %user   %nice    %sys %iowait   %idle
           1.72    0.02    0.16    0.71   97.38

デバイス:          tps   Blk_read/s   Blk_wrtn/s   Blk_read   Blk_wrtn
hda              11.29       324.52        81.15  461618818  115428808
hda1              0.00         0.00         0.00         64       1120
hda2             16.69       324.52        81.15  461618610  115427688

この実行例では、CPU負荷も低いですし、%iowait、つまりI/Oが終了するのを待っている時間もほとんどありませんので、ボトルネックは発生していないと判断できます。

iostatはsysstatに含まれるツールですので、実行できない場合にはsysstatをインストールしましょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ