HOMEサンプル問題・例題解説301試験の例題と解説303.3 LDAPレプリケーション

301試験の例題と解説(2014年3月31日終了)

303.3LDAPレプリケーション

今回は301試験の試験範囲から、「303.3 LDAPレプリケーション」についての例題を解いてみます。


■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<304.2 LDAPコマンドラインのツール>
重要度 4

<説明>
OpenLDAPのコマンドラインのツール類に習熟していること。

<主要な知識範囲>    
・ldap*ツール群を使ってディレクトリにアクセスし、操作する
・slap*ツール群を使ってディレクトリにアクセスし、操作する

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・ldap.conf
・ldapsearch
・ldapadd
・ldapmodify
・ldapdelete
・ldapmodrdn
・slapindex
・slapadd
・slapcat


■例題
LDAPディレクトリに登録されたエントリーの情報を書き換えるコマンドとして適切なものを選びなさい。

1. ldapadd
2. ldapmodify
3. ldapdelete
4. ldapmodrdn

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 2. ldapmodify と 4. ldapmodrdn です。

ldapaddコマンドはエントリーの追加、ldapdeleteコマンドはエントリーの削除を行います。エントリーの修正を行うには、回答に挙げた2つのコマンドを使います。

2つのコマンドの違いは、ldapmodifyコマンドは常にエントリーの変更を上書きで行うのに対して、ldapmodrdnコマンドは-rオプションを付けて実行するとエントリー変更を上書きします。

ldapmodifyコマンドは、オプションに応じてldapaddコマンドのようにも、またchangetypeの指定でldapmodrdnコマンドやldapdeleteコマンドのようにも振る舞えるコマンドです。

ldap*コマンドは細かいディレクトリの操作用、slap*コマンドはディレクトリ全体に対する操作用として確認しておくとよいでしょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ