HOMEサンプル問題・例題解説301試験の例題と解説301.1 LDAPの概念とアーキテクチャ

301試験の例題と解説(2014年3月31日終了)

301.1LDAPの概念とアーキテクチャ

今回は301試験の試験範囲から、「301.1 LDAPの概念とアーキテクチャ」についての例題を解いてみます。


■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<302.1 OpenLDAPのコンパイルとインストール>
重要度 3

<説明>
ソースとパッケージからOpenLDAPをコンパイルして、インストールできること。

<主要な知識範囲>
・OpenLDAPをソースからコンパイルし、設定する
・OpenLDAPバックエンドデータベースの知識
・OpenLDAPデーモンを管理する
・インストール中のエラーのトラブルシューティング

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・make
・gpg
・rpm
・dpkg
・bdb
・slapd
・slurpd


■例題
OpenLDAPサーバの複製を行う際に起動されるプロセス名を選びなさい。

1. slapcat
2. slapd
3. slurpd
4. ldaprepd

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 3. slurpd です。

OpenLDAPのサーバは様々なプロセスで成り立っていますが、外部からのリクエストに応えるデーモンとしてslapdが動作します。また、バックエンドにはデータを管理するbdb(BerkleyDB)が動作します。

もし、複数サーバ間でLDAPディレクトリ内のデータを複製するのであればslurpdが動作します。これは設定ファイルに複製の設定があるかどうかで起動の有無が決まります。

slapcatコマンドやslapaddコマンドは、ディレクトリ内のデータを操作するための外部コマンドです。

slapdという名称はStandaloneなLDAP Access Protocol Daemonの略称でしょうか。slurpdはStandalone LDAP Update/Replica Protocol Daemonになるでしょうか。前者の場合、LDAPがLightweight Directory Access Protocolの略ですので、APの意味が被ってしまっています。やや分かりにくい名称であることにはちがいありません。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ