HOMEサンプル問題・例題解説300試験の例題と解説394.1 ユーザアカウントとグループアカウントの管理

300試験の例題と解説

394.1ユーザアカウントとグループアカウントの管理

今回は300試験の試験範囲から「394.1 ユーザアカウントとグループアカウントの管理」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<394.1 ユーザアカウントとグループアカウントの管理>
重要度     4

<説明>
混在環境においてユーザアカウントとグループアカウントを管理できること。

<主要な知識範囲>
・ユーザアカウントとグループアカウントを管理する
・ユーザ名のマッピングおよびグループ名のマッピングを理解する
・ユーザアカウントの管理ツールに関する知識
・smbpasswdプログラムの使用
・ファイルおよびディレクトリオブジェクトの所有者の強制的な設定


<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・pdbedit
・smb.conf
・samba-tool userと、そのサブコマンド
・samba-tool groupと、そのサブコマンド
・smbpasswd
・/etc/passwd
・/etc/group
・force user、 force group
・idmap



■例題
pdbeditコマンドを使ってSambaのユーザデータベースからSambaユーザーを削除するコマンドを選びなさい。

1. pdbedit -a -u ユーザー名
2. pdbedit -x -u ユーザー名
3. pdbedit -a -U ユーザー名
4. pdbedit -x -U ユーザー名

※この例題は実際の試験問題とは異なります。

解答と解説

答えは 「2. pdbedit -x -u ユーザー名」です。

Samba3はsmbd、nmbd、winbindの3つのプロセスから構成されています。
Samba3では、ファイル共有、印刷サービスのほかに、NTドメインのネットワーク内でユーザの管理を行う機能が提供されています。

一方、Samba4はsmbd、nmbd、winbindの3つのプロセスにsambaプロセスを加えた4つのプロセスから構成されています。
Samba4からDNSサーバとLDAPサーバの機能を包括し、Active Directory(以下AD)の代替として機能することが出来るようになりました。このADの機能を提供するサービスがsambaプロセスとなります。

Samba3系以降のシステムで、Sambaのユーザデータベース管理にはpdbeditコマンドを使います。
pdbeditコマンドでは、Sambaユーザーの追加、削除、一覧表示などを行うことが可能です。
pdbeditコマンドは、管理者権限で実行する必要があります。

Sambaユーザーを削除するためには、pdbeditコマンドに「-x」オプション、対象のユーザ名を指定する「-u」オプションを指定する必要があります。

「1. pdbedit -a -u ユーザー名」は、Sambaユーザを追加する場合に使用します。
ユーザの追加時には、追加するSambaユーザのパスワードの設定も行います。

pdbeditコマンドには他にも様々なオプションを指定することができます。
以下は、代表的なオプションを使用した例です。
 -L ・・・ ユーザの一覧を表示する。
 -L -v  ・・・ ユーザの一覧の詳細を表示する。
 -G <<SIDまたは、RID>>  ・・・  ユーザの追加、変更時にプライマリグループのSIDまたは、RIDを指定する。
 -U <<SIDまたは、RID>> ・・・  ユーザの追加、変更時にユーザのSIDまたは、RIDを指定する。

Sambaユーザを扱う場合には、pdbeditコマンドの代表的なオプションについては覚えておくと良いでしょう。



◆例題作成者
株式会社デージーネット システム設計部    森 彰吾 氏
株式会社デージーネット ソリューション開発部 丸吉祐也 氏


  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ