HOMEサンプル問題・例題解説300試験の例題と解説392.1 Sambaの概念とアーキテクチャ

300試験の例題と解説

392.1 Sambaの概念とアーキテクチャ

今回は300試験の試験範囲から「392.1 Sambaの概念とアーキテクチャ」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要

このトピックの内容は以下の通りです。

<392.1 Sambaの概念とアーキテクチャ>
重要度 2

<説明>
Sambaの本質的概念を理解していること。また、Samba3とSamba4の主な相違が分かっていること。

<主要な知識範囲>
・Sambaデーモンおよびコンポーネントの役割について理解する
・異種ネットワークに関する問題について理解する
・SMB/CIFSで使用される主要なTCP/UDPポートの把握
・Samba3とSamba4の違いに関する知識

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/etc/services
・Sambaのデーモン smbd、 nmbd、 samba、 winbindd

■例題

Sambaに関する説明で正しくないものを選びなさい。

1. Samba3からDNS/LDAPの機能を包括するようになり、ActiveDirectoryの代替となることができる。
2. smbdはファイル共有、印刷サービスを提供するデーモンである。
3. winbindを使用することで、WindowsとLinuxのログインを統合することができる。
4. nmbdはSMB/CIFSクライアントのネームサービスリクエスト要求に応答することが出来る。

※この例題は実際の試験問題とは異なります。

解答と解説

答えは 「1. Samba3からDNS/LDAPの機能を包括するようになり、ActiveDirectoryの代替となることができる。」です。

Samba3はsmbd、nmbd、winbindの3つのプロセスから構成されています。
Samba3では、ファイル共有、印刷サービスのほかに、NTドメインのネットワーク内でユーザの管理を行う機能が提供されています。

一方、Samba4はsmbd、nmbd、winbindの3つのプロセスにsambaプロセスを加えた4つのプロセスから構成されています。
Samba4からDNSサーバとLDAPサーバの機能を包括し、Active Directory(以下AD)の代替として機能することが出来るようになりました。このADの機能を提供するサービスがsambaプロセスとなります。

また、各プロセスの機能は以下になります。

・smbd:
  ファイル共有と印刷サービスをWindowsクライアントに提供するデーモンです。
  smbdはNetBIOS over TCP上でSambaを使用するための139/tcpポートと、  445/tcpポートの2つで待ち受けしています。

・nmbd:
  NetBIOS名からIPアドレスを解釈する、またNetBIOSネームサービスの要求に応答することデーモンです。
  Sambaクライアントは、Sambaサーバを検索するためにNetBIOS名からIPアドレスを取得するときにnmbdを使用します。
  nmbdは137/tcpポートで待ち受けしています。

・winbind:
  winbindは、LinuxマシンをADで管理されるドメインのメンバーとして参加させるためのデーモンです。
  PAM/NSSとwinbindが連携することで、LinuxのソフトウェアがADの認証情報を利用できるようになります。

・samba:
  ADの機能を提供するデーモンです。Samba4.0.0以降で実装されています。
  Sambaが、ADの代わりとして動作することが可能となっています。


◆例題作成者
株式会社デージーネット システム設計部    森 彰吾 氏
株式会社デージーネット ソリューション開発部 丸吉祐也 氏


  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ