HOMEサンプル問題・例題解説102試験の例題と解説107.1 ユーザアカウント、グループアカウント、および関連するシステムファイルの管理

102試験の例題と解説

107.1 ユーザアカウント、グループアカウント、および関連するシステムファイルの管理

今回は、LinuC 102試験の試験範囲から「107.1 ユーザアカウント、グループアカウント、および関連するシステムファイルの管理」についての例題を解いてみます。
Linuxのユーザ管理について確認しておきましょう。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<107.1 ユーザアカウント、グループアカウント、および関連するシステムファイルの管理>
重要度 5

<説明>
ユーザアカウントの追加、削除、一時停止、変更ができる。

<主要な知識範囲>
・ユーザおよびグループを追加、変更、削除する
・パスワード/グループデータベースにあるユーザ/グループ情報を管理する
・特別な目的を持つ制限付きのアカウントを作成、管理する

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/etc/passwd
・/etc/shadow
・/etc/group
・/etc/skel/
・chage
・getent
・groupadd
・groupdel
・groupmod
・passwd
・useradd
・userdel
・usermod


■例題
既存ユーザ「linuc」のパスワードをロックして一時的に利用不可にする場合の正しいコマンドを選択してください。

1. # usermod -l linuc
2. # usermod -L linuc
3. # usermod -U linuc
4. # userlock linuc

※この例題は実際の試験問題とは異なります。

解答と解説

答えは 「2. # usermod -L linuc」です。

既存ユーザアカウントを変更するには、usermodコマンドを使います。

usermodコマンドの主なオプションは以下の通りです。

-u [UID] … UIDを変更します
-c [コメント] … パスワードファイルのコメントフィールドを変更します
-d [ディレクトリパス] … ホームディレクトリを変更します
-g [グループ名/GID] … プライマリグループを変更します
-G [グループ名/GID] … プライマリグループ以外にユーザアカウントが所属するグループを変更します
-s [ログインシェル] … ログインシェルを変更します
-l [変更後ログイン名 変更前ログイン名] … ユーザのログイン名を変更します
-L … ユーザのパスワードをロックします
-U … ユーザのパスワードをアンロックします

その他の選択肢の解説は以下です。

[1. # usermod -l linuc]
-lはユーザのログイン名を変更するオプションです。
また、変更後ログイン名と変更前ログイン名を指定する必要があります。

[3. # usermod -U linuc]
-Uはパスワードをアンロックするオプションです。

[4. # userlock linuc]
userlockというコマンドはありません。

しばらく特定のユーザがLinuxシステムを利用できないような時に、パスワードをロック機能を使用することができます。
アカウント変更のコマンドやオプションについて理解し使えるようにしておきましょう。


■例題作成者

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ