HOMEサンプル問題・例題解説102試験の例題と解説108.1 システム時刻の保守

102試験の例題と解説

108.1システム時刻の保守

今回は、LinuC 102試験の試験範囲から「108.1 システム時刻の保守」についての例題を解いてみます。正しいタイムゾーンの設定について確認しておきましょう。


■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<108.1 システム時刻の保守>
重要度 3

<説明>
システム時刻を適切に維持し、NTPによって時計を同期できる。

<主要な知識範囲>
・システムの日付および時刻を設定する
・ハードウェアの時計にUTCの正確な時刻を設定する
・正しいタイムゾーンを設定する
・基本的なNTP設定
・pool.ntp.orgサービスの使用について知っている
・ntpqコマンドについて知っている

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/usr/share/zoneinfo/
・/etc/timezone
・/etc/localtime
・/etc/ntp.conf
・date
・hwclock
・ntpd
・ntpdate
・pool.ntp.org


■例題
タイムゾーンを環境変数で設定したい場合に、設定する環境変数で正しいものを選択してください。

1.TIMEZOME
2. TZ
3. TIME
4. LOCALTIME

※この例題は実際の試験問題とは異なります。

解答と解説

答えは 「2. TZ」です。

タイムゾーンは環境変数TZで設定できます。タイムゾーンを日本に設定したい場合、以下のように実行します。
----------------------------------------------------------
$ export TZ="Asia/Tokyo"
----------------------------------------------------------

したがって「2. TZ」が正解となります。

環境変数以外でタイムゾーンを設定するには、タイムゾーンのバイナリファイルを/etc/localtimeにコピーまたはシンボリックリンクを作成する方法があります。
以下はタイムゾーンを日本に設定している例です。
----------------------------------------------------------
# cp /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime
----------------------------------------------------------
または
----------------------------------------------------------
# ln -s /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime
----------------------------------------------------------

また、tzselectコマンドを利用して、対話的にタイムゾーンの設定を行うこともできます。
以下はtzselectコマンドを利用してタイムゾーンを日本に設定してる例です。
-----------------------------------------------------------------------------
$ tzselect
Please identify a location so that time zone rules can be set correctly.
Please select a continent or ocean.
 1) Africa
 2) Americas
 3) Antarctica
 4) Arctic Ocean
 5) Asia
 6) Atlantic Ocean
 7) Australia
 8) Europe
 9) Indian Ocean
10) Pacific Ocean
11) none - I want to specify the time zone using the Posix TZ format.
#? 5    ←★ここで5) Asiaの数字を入力
Please select a country.
 1) Afghanistan           18) Israel                35) Palestine
 2) Armenia               19) Japan                 36) Philippines
 3) Azerbaijan            20) Jordan                37) Qatar
 4) Bahrain               21) Kazakhstan            38) Russia
 5) Bangladesh            22) Korea (North)         39) Saudi Arabia
 6) Bhutan                23) Korea (South)         40) Singapore
 7) Brunei                24) Kuwait                41) Sri Lanka
 8) Cambodia              25) Kyrgyzstan            42) Syria
 9) China                 26) Laos                  43) Taiwan
10) Cyprus                27) Lebanon               44) Tajikistan
11) East Timor            28) Macau                 45) Thailand
12) Georgia               29) Malaysia              46) Turkmenistan
13) Hong Kong             30) Mongolia              47) United Arab Emirates
14) India                 31) Myanmar (Burma)       48) Uzbekistan
15) Indonesia             32) Nepal                 49) Vietnam
16) Iran                  33) Oman                  50) Yemen
17) Iraq                  34) Pakistan
#? 19    ←★ここで19) Japanの数字を入力

The following information has been given:

        Japan

Therefore TZ='Asia/Tokyo' will be used.
Local time is now:      Wed Dec  5 14:11:29 JST 2018.
Universal Time is now:  Wed Dec  5 05:11:29 UTC 2018.
Is the above information OK?
1) Yes
2) No
#? 1    ←★設定があっていれば1) Yesの数字を入力

You can make this change permanent for yourself by appending the line
        TZ='Asia/Tokyo'; export TZ
to the file '.profile' in your home directory; then log out and log in again.

Here is that TZ value again, this time on standard output so that you
can use the /usr/bin/tzselect command in shell scripts:
Asia/Tokyo
-----------------------------------------------------------------------------

タイムゾーンが間違っていると、ログの確認時などに混乱が生じてしまいます。環境に合わせて正しく設定するようにしましょう。


■例題作成者

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ