HOMELPIC-3LPIC-3 出題範囲304試験範囲:出題範囲詳細(Ver1.0) ※2011年1月15日〜2016年3月31日

304試験範囲:出題範囲詳細(Ver1.0) ※2011年1月15日〜2016年3月31日

出題範囲にあるそれぞれの項目には、重要度として重み付けがなされている。重みの範囲は概ね1〜10であり、それぞれの目標の相対的な重要性を示している。重い目標ほど、試験において多くの問題が出題される。

304試験範囲:出題範囲詳細(Ver1.0) ※2011年1月15日〜2016年3月31日

主題330仮想化

330.1 仮想化の概念と理論
重要度 10
説明 仮想化に関する一般的な概念、理論と用語。Xen及びKVMの用語を含む。
主要な知識範囲
  • 専門用語
  • 仮想化の利点と欠点
  • 様々な仮想マシンモニター
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • ハイパーバイザー
  • HVM(HardwareVirtualMachine)
  • PV(Paravirtualization;準仮想化)
  • ドメイン
  • エミュレーションとシミュレーション
  • CPU flags
330.2 Xen
重要度 10
説明 Xenのインストール、設定、保守、およびトラブルシューティング。
主要な知識範囲
  • Xenの設定
  • Xenのユーティリティ
  • Xenのインストールとトラブルシューティング
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • Intel VTでのXen
  • AMD-VでのXen
  • Dom0 DomU ゲストOS ホストOS
  • xm
  • /etc/xen
  • xmdomain.cfg
  • xentop
330.3 KVM
重要度 7
説明 KVMのインストール、設定、保守、およびトラブルシューティング。
主要な知識範囲
  • KVMの設定
  • KVMのユーティリティ
  • KVMのインストールとトラブルシューティング
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • /proc/cpuinfo
  • カーネルモジュール: kvm kvm-intel kvm-amd
  • /etc/kvm/
  • kvm-qemu
  • kvm_stat
  • kvm netwoking
  • kvm monitor
  • kvm storage
  • qemu
330.4 その他の仮想化ソリューション
重要度 3
説明 XenおよびKVM以外の仮想化技術についての基本的知識と経験。
主要な知識範囲
  • その他の仮想化技術についての認知
  • その他の仮想化技術に関する基本的な技術的知識
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • OpenVZ
  • VirtualBox

このページのトップへ

主題331ロードバランシング(負荷分散)

331.1 Linux Virtual Server
重要度 5
説明 LVSのインストール、設定、保守およびトラブルシューティング。keepalivedの設定と利用を含む。
主要な知識範囲
  • IPVS
  • VRRP
  • keepalivedの設定
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • ipvsadm
  • syncd
  • LVS-NAT/Tun/DR/LocalNode
  • コネクションスケジューリングアルゴリズム
  • genhash
331.2 HAProxy
重要度 3
説明 HAProxyのインストール、設定、保守およびトラブルシューティング。
主要な知識範囲
  • HAProxy
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • ACL
  • 負荷分散アルゴリズム
331.3 LinuxPMI
重要度 1
説明 LinuxPMIの概念、LinuxPMIのインストールに関する基本的な経験。
主要な知識範囲
  • カーネルへのパッチ適用
  • SSIとMSI
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • linuxPMI

このページのトップへ

主題332クラスタ管理

332.1 Pacemaker
重要度 5
説明 Pacemakerのインストール、設定、保守およびトラブルシューティング。
heartbeatバージョン2の利用を含む。
主要な知識範囲
  • 重要ななクラスタ設定
  • リソースエージェント
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • crmd
  • PEngine
  • CIB ptest
  • cibadmin
  • crmadmin
  • crm_* リソースエージェント (heartbeat v2, LSB, OCF)
  • authkeys
  • /usr/lib/heartbeat/ResourceManager
  • /etc/ha.d/
332.2 Pacemakerの高度な利用法
重要度 3
説明 Pacemakerの高度な機能に関する経験。OpenAISとcorosyncの利用を含む。
主要な知識範囲
  • fencing
  • quorum
  • データの整合性
  • ファイルシステムとの統合
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • STONITHd
  • OCFS2
  • ldirectord
  • softdog
  • OpenAISとcorosync
332.3 Red Hat Cluster Suite
重要度 3
説明 Red Hat Cluster Suiteのインストール、設定、保守およびトラブルシューティング。
主要な知識範囲
  • 重要なクラスタ設定
  • リソースエージェント
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • ccs
  • OpenAIS
  • rgmanager
  • /etc/ais/
  • /etc/corosync/
332.4 Red Hat Cluster Suiteの高度な利用法
重要度 3
説明 Red Hat Cluster Suiteの高度な機能に関する経験。LVSおよびGFSとの統合を含む。
主要な知識範囲
  • fencing
  • quorum
  • データの整合性
  • ファイルシステムとの統合
  • LVSとの統合
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • qdiskd
  • /etc/lvs.cf
  • Piranha
  • GFS
  • Conga

このページのトップへ

主題333クラスタストレージ

333.1 DRBD
重要度 3
説明 DRBDのインストール、設定、保守およびトラブルシューティングに関する経験と知識。
Pacemakerおよびheartbeatとの統合を含む。
主要な知識範囲
  • DRBD
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • Pacemakerとの統合
  • heartbeatとの統合
333.2 グローバルファイルシステムとOCFS2
重要度 3
説明 GFSおよびOCFS2のインストール、保守およびトラブルシューティング。
主要な知識範囲
  • GFS2
  • OCFS2
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • 分散ロックマネージャ
333.3 その他のクラスタファイルシステム
重要度 1
説明 Linux環境で利用可能なその他のクラスタファイルシステムに関する認知。
主要な知識範囲
  • Coda
  • AFS
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • GlusterFS

日本語最終更新日:2010年8月26日(木)

このページのトップへ