HOMELPICについて知ろう!合格者の声 陶山育子さん

合格者の声

今回は2009年8月にLPICレベル3合格を果たした陶山さんです。業務以外にも日本LDAPユーザー会など、オープンソース関係の活動にも参加されています。幅広い人脈や経験から自然に、楽しみながら知識を得ているようです。

LPICレベル3合格者の陶山育子さん株式会社シーイーシー

陶山育子さん
陶山さん

新しい技術に興味を持ち、楽しみながら頑張って吸収しています

現在の業務を教えてください

ネットワーク機器のファームウェアの開発および検証をしています。Linuxは開発環境や検証環境で使っています。

LPICを取得した時期は?

2005年にLPICレベル1と2を連続して取得しました。5年後に有効期限(※補足)の案内が届き、有効期限切れになる前にLPICレベル3を取得しました。それが2009年8月です。期限切れが迫っていたので緊張しました(笑)。

受験を思い立ったきっかけは?

2004年に業務でLinuxに携わることになり、Linuxを勉強しました。せっかく勉強したので、この機会に資格も取得しようと思いました。

LPICレベル1と2はほぼ同時に取得したそうですが、どのように勉強しましたか?

当時LPICの過去問や対策などを掲載してあるWebサイトがあり、それらを見て勉強しました。1〜2週間の間にLPICレベル1から2まで取得できてしまったので、かなりびっくりしました(笑)。

すごいですね!それまでのお仕事に下地があったのでしょうか?

そうですね。Linuxの業務前にSolarisで開発をすることもありました。厳密に言えば、SolarisとLinuxは違いますが、どちらもまるで触ったことのない人と比べたら有利だったと思います。

LPICレベル3はどのように勉強しましたか?

当時はLPICレベル3に関する情報は少なかったのですが、LPICレベル3を先に取得した知人らから参考になるWebページや書籍を紹介してもらい勉強しました。受験対策専用の書籍ではなく、一般的な技術解説です。結局、受験対策本は使いませんでした。

LPICレベル3を取得して業務に役立ったことはありますか?

試験勉強は私にとってこれまで学んだことの「復習」という感覚でしたので、「LPICレベル3に合格した」という自信はつきました。
得た知識は周囲への普及啓発にも役立てたいです。あとLPICレベル3ですと試験範囲にLDAPがあります。今後認証系などはセキュリティと絡めて重要にな分野ですので、この知識が今後の業務にも生かせればいいなと思っています。

会社からの金銭的な支援はありましたか?

はい。LPICでいえば、受験料負担と合格一時金がありました。

社内でスキルアップする機会はありますか?

不定期ですが、資格取得に関する情報交換会があります。すでに取得した人、あるいはこれから取得に向けて勉強する人が集まり、意見交換します。有志が呼びかけ、会議室を使い質疑応答などしています。有志が呼びかけ、会議室を使い質疑応答などしています。

陶山育子さん
陶山さん

女性エンジニアについての質問です。普段お仕事で周囲に女性はいますか?

少ないですね。周囲で考えたら、女性は2〜3割でしょうか。仕事現場だと、女性は私一人のみということも珍しくありません。

周囲に女性がいないということは気になりますか?

いいえ、気になりません。普段から性別について殊更に意識することはないです。逆に女性ばかりだと、慣れずに緊張してしまうかもしれません(笑)。

ところで2004年当時、Linux業務に携わるようになったというのは?

オープンソースが注目を浴びていたころで、OSSのサービス立ち上げなどにかかわりました。これに関連して知人が日本LDAPユーザ会などOSSのコミュニティを教えてくれて、私も参加するようになりました。そこの人脈から得た影響は大きいです。

ユーザ会はどのような活動をなさっているのですか?

目的はLDAPに関する技術や製品情報の交換、普及促進なので、メーリングリストやドキュメント作成、などしています。オープンソースカンファレンスにブースを出しています。

ユーザー会で得たことは大きいようですね。

OSSに関する講演や執筆をなさるなど高い見識をお持ちの方が多く、尊敬しています。良質な文献を紹介してもらえたり、雑談の中から技術トレンドを知ることができたりなど、とてもありがたいです。

やはり外部との接点は重要でしょうか?

業務上の知識を学ぶことが基本ですが、飽きっぽい私には新しい技術を探したり、新しい人脈を広げることはとてもよい刺激になります。
この業界に長く居続けられている要因のひとつかもしれません。

人脈から自然に最先端の技術やトレンドを吸収できているようですね。

楽しむことが大事だと思います。IT業界は技術の進展が早い世界ですが、新しいことに興味を持ち、これからも楽しんで技術を吸収できればと思っています。

最近興味のある分野はなんですか?

近年ではクラウドや仮想化などがLinuxのディストリビューションに組み込まれるようになってきました。仮想化のKVMには興味がありますので、勉強していきたいです。

このページのトップへ