HOMELPICについて知ろう!合格者の声 濱田美奈子さん

合格者の声

LPICレベル2に合格し、LPIC教育のインストラクターや教育メニュー策定を担当しているNECネッツエスアイ株式会社の濱田さんにお話をおうかがいしました。同社はLPICレベル1取得者が約200名もいるほどLinuxスキルが高い会社です。

LPICレベル2合格者の濱田美奈子さんNECネッツエスアイ株式会社

濱田美奈子さん
濱田美奈子さん

LPICを取得して業務の効率向上と社内外に通じるスキルを得ることができました

会社と現在の業務を教えてください。

NECネッツエスアイはネットワークインテグレーション・サポートサービスと通信工事を主事業として、企画・設計・構築から運用・保守まで、ワンストップでサービスを提供しています。私はネットワーク事業本部の人材開発部にてLPIC教育のインストラクター、教育メニューの策定、テストセンターの管理を行っています。

LPICを受験したきっかけは?

2001年頃からLinuxを学び始めました。受験のきっかけはLinuxでサーバーの設計・構築業務を行っていた時、自分のスキルを試してみたいと思ったからです。学習当初はそれまでのUnix経験が役に立ちました。

どのように学習しましたか?

学び始めたころはLinuxの教材が少なく、オンラインマニュアルを参照する「man」コマンドをよく使いました。私の場合、手を動かしながらの方がよく頭に入るので、実機環境を用意して学習を進めました。知らないコマンドは試して覚えるという感じです。

LPICの受験対策で学んだことはLinux技術者として役に立ちましたか?

ええ。幅広くコマンドを知ることができ大変役に立ちました。業務現場で得られる知識だけでは偏りが生じてしまっていたかもしれません。特に「cut」や「sed」などテキストフィルタ関連コマンドや正規表現を詳しく学ぶことができたので、サーバー構築作業にてデータ移行やユーザ登録など効率よく作業を進められました。

LPICを取得して得たメリットとは?

現場でも役に立つスキルが得られたことに加え、社内・社外においてLinuxスキルをアピールできるようになったことは大きいです。LPICはベンダーニュートラルな試験なので特定のディストリビューションに偏った学習にならないのもよかったです。

濱田美奈子さん
濱田美奈子さん

エンジニアをやっていて女性でよかったことはありますか?

特に意識しているということはありませんが、あえて言うならコミュニケーションや気遣いかもしれません。ITのエンジニアであれば技術力は当然必要ですが、お客様の満足度を高めるためのサービス力も大切です。丁寧なコミュニケーションや資料作成を心がけた結果、お客様の信頼を得て次の案件につながったということがありました。これは女性ならではの視点で評価をいただけたということなのかもしれません。

普段はインストラクターをしているそうですね。

ネットワーク事業本部の人材開発部にて主に社員向けの教育を担当しています。LPIですと101、102を担当しています。通常は2日間のコースですが、「より詳しく」と要望があれば4日間に伸ばして教えることもあります。

もうすぐ新入社員研修だとか。Linuxでは何を教えますか?

初めてLinuxに触れる機会になると思いますので、基本的なポイントに絞って教えようと思っています。最初にポイントとなるのはディレクトリの操作、 viコマンド、ファイルシステムの構造を理解してもらうことだと考えています。新入社員研修中にLPICを取得できる基礎力と現場で役立つ応用力を蓄えてもらいたいです。

濱田さんのほかにも御社にはLPIC取得者が多くいるそうですね。

2009年3月末時点ではLPICレベル1が193名、LPICレベル2が57名、LPICレベル3が3名います。キャリアやサービスプロバイダのお客様が多いこともあり、UnixやLinuxを使うケースが多いため、スキルが必須となるからだと思います。

今後のLinux動向について、どうお考えですか?

Linuxはそろそろ過渡期にさしかかっていると思います。Linuxというと企業やサーバー向けなど特殊用途のイメージでしたが、近年ではLinuxプリインストールパソコン、OpenOffice 3、Ubuntuなどの台頭で身近になりつつあります。そのうちにLinuxだと意識せずに使えるようになるかもしれません。

またクラウドコンピューティングが発達する昨今、サーバーの仮想化やインターネットとの親和性の面でLinuxが選ばれる機会が増えてきています。Linuxスキルはエンジニアにとって今後ますます重要になってくるのではないでしょうか。

私自身、まだLPICのレベル3を取得していないので、SambaやLDAPの環境で実践を積みながら学習していきたいです。特に303のセキュリティは現場で役立ちそうな内容が多いため、ぜひチャレンジしたいと思います。

このページのトップへ