HOMELPICについて知ろう!合格者の声 畠中嘉紀さん

合格者の声

2007年1月29日から開始されたLPICレベル3の認定試験。すでに何人もの合格者が生まれていますが、今回はLPICレベル3「Core」(301試験)、さらにはLPICレベル3「Specialty」の「Mixed Environment」(302試験)にも合格され、LPICレベル3 CoreLPICレベル3 Specialty の両方に認定された、株式会社DTSの畠中 嘉紀さんにお話を伺いました。

LPICレベル3「Core」「Specialty」認定者 畠中嘉紀さん
(株式会社DTS マネジメントサービス事業本部システムマネジメント事業部SM第一部)

畠中嘉紀さん
畠中嘉紀さん

「『LPICレベル3』の2つの試験に合格して自分の技術力を再確認しました」

現在、どのようなお仕事をされているのですか?

私が勤務している株式会社DTSは、システムの構築から運用までを行っています。入社してから10年ぐらい経ちます。汎用機での仕事の経験もあります。 仕事でLinuxに触れるようになったのは2006年9月ぐらいからです。

いつ頃からLinuxの勉強を始められたのですか?

実際に業務で触れていたわけではないのですが、2005年頃から自分で勉強を始めました。LPICはレベル2まで合格しようと目標を立てて、学習を進めていきました。
1ヶ月ほど集中的に学習し、1日で一度に全部の4試験(101試験・102試験・201試験・202試験)を受験して、合格できました。

LPICレベル3の試験を受けようと思ったのは?

LPICレベル3の試験が始まるというお知らせをLPIからもらったのがきっかけでLPICレベル3を受験してみようと考えました。準備期間は1ヶ月ぐらいですね。
LPICレベル1、LPICレベル2と同じように、最初から「Core」(301試験)と「Mixed Environment」(302試験)の両方を受験しようと思っていました。

どんな感じで学習されたのですか?

LPICレベル2までの学習経験もありますし、Sambaについては実際に触った経験がありました。ファイルサーバとして使ったりもしていました。ですから、302試験についてはあまり大変だったという印象はないです。一方でLDAPはほとんど経験がなかったので、そちらは新たに勉強という感じでしたね。
具体的な学習方法としては、土日を利用して、実際にマシンにLinuxやOpenLDAPを使った環境を構築して、コマンドなどをしっかりと確認していきました。たとえば、「メールサーバとLDAP」とか、「SambaとLDAP」というように、組み合わせて実際に動かすという方法での学習が中心です。

学習で参考にした本は?

私は『LDAP Super Expert』(技術評論社)を参考にしました。 (編集部注:その他の参考図書

LPICレベル3で今後興味のある試験はありますか?

今、SELinuxを勉強しようと思っています。試験でいえば「Security」になるのでしょうか。試験が始まったら受験したいと思います。
あとはWeb構築関係ですね。PHPやPerlといったスクリプト言語にも興味があります。業務に活かしていければと思います。

これからLPICレベル3を受験する方にアドバイスをお願いします。

LPICレベル2までもそうだと思いますが、実際の環境を触らないで合格するのは無理だと思います。しっかりとコマンドやLDAPについて勉強しておくことが大事でしょう。

聞き手:宮原 徹(株式会社びぎねっと)

このページのトップへ