HOMELPICについて知ろう!合格者の声 庄司昌樹さん

合格者の声

2回目の今回は、リナックスアカデミーでTA(Teaching Assistant)を務めている庄司 昌樹さんに未経験からのLPIC合格の経験談をお聞きしました。

LPICレベル2合格者 庄司昌樹さん(リナックスアカデミー Teaching Assistant)

「未経験からでも合格できる」

これまでの経歴を教えてください

庄司昌樹さん
庄司昌樹さん

元々昨年の春まで、医療関係の営業から転職して自動車販売の営業をしていました。将来のことを考えて「自分の人生、後悔したくない」「自分の可能性を試したい」と思い、未経験ですがIT業界への異業種転職にチャレンジすることにしました。
そこでまず資格だろうと思い、自動車販売の会社は昨年の6月に思い切って辞めまして、リナックスアカデミーに通学することにしました。学校での学習後に LPICレベル1、LPICレベル2とCCNAに合格しました。その時点での就職も考えましたが、もう少し勉強したいと思い、現在はリナックスアカデミーで勉強している生徒の自習を助けるTAをしながら勉強を続けています。現在4月以降に向けて就職活動中です。

勉強を始めてみてどのように感じましたか?

まずネットワークの基礎から勉強を始めました。まったく知らないことばかりでしたが、少しずつ分かっていくのが面白かったですね。
実際に授業が始まってからは、毎日授業が進んでいくので確実に理解していくのが大変でした。Windowsの経験しかなかったので、GUIとCUIの違いに慣れるのに一苦労です。
特にCUIでのディレクトリ操作を理解するのに苦労しました。たとえば親ディレクトリを表す「..」とか。テキストベースでのコンピュータ操作の概念を理解するのが大変でしたね。
楽しかったのはApacheを使ったWebサーバ構築ですね。HTMLをどのように作っているのか、そしてそれをどのように公開しているのか。サーバ構築をしてみてはじめて仕組みが理解できました。

勉強のコツみたいなものがあれば教えてください

とにかく中途半端な理解だと大変ですね。ですから、昼間の授業が終わってからは居残りで反復復習の毎日でした。授業で習った内容以外の部分も本で調べてみたり。未経験ですから、その分余計に触って覚えないといけないと思っていました。本で読んだだけではコマンドの動作や設定ファイルなど一部分を抜粋しているだけで全体像が分からないですし、触った方が覚える。触っている方が楽しいと感じていました。
あと、クラス制の良さが大きいですね。やってみてうまくいかないところがあれば、クラスメイトと一緒に試行錯誤したり。自分が引っかからなかったところでも、他の人が引っかかっていたりすると、一緒に解決することで理解が深まります。
分からない部分があれば、「なんで?」を聞ける先生が身近にいるのもありがたいですね。最近流行っているビデオなどのオンデマンド授業だと一方通行ですから、双方向で学習できる授業形態は未経験の私にとってはよかったと思います。

LPICを受験する上での対策方法を教えてください

特別なことは何もしませんでした。まず授業のテキストをあらためてやり直しました。授業が進んでいるときにしっかりと復習をしていたおかげか、内容がスラスラと頭に入ってきましたね。あとは参考書やWebサイトでの情報収集など。対策コースの授業も受講しましたが、聞いている内容がしっかりと理解できていると感じたので、コース修了を待たずに受験してスムーズに合格できました。実際に触って動作を確認しておく、触って覚えることでしょうね。
勉強を始めたのが7月で、LPICレベル1に合格したのが9月です。LPICレベル2は11月に合格しました。私の場合、授業のない日でも毎日学校に通ってましたから(笑)勉強してから受験までは、あまり間をあけない方がいいですね。

就職活動中ということですがLPIC合格のメリットは感じますか

就職支援サイトなどを利用していると、やはり有資格条件の中にLPICが入っているので、ニーズの高まりを感じますね。
あと、LPICに合格したことによって、未経験からでも自分が学んできたことに対しての自信に繋がっていると思います。
ただ、とりあえず資格というだけでは、就職した後がつらいと思います。実際の実務で役に立つスキルを身につけることがまず第一で、LPICの試験はあくまでLinuxができるということの証として受験すればいいと思います。

今後やりたいことを教えてください

ネットワークなどのインフラ構築に興味があります。物理的なところから理解してシステム構築をしたいですね。エンジニアとしての経験を積んで、将来的にはプロジェクトマネージャーも目指したいと思っています。
他にはSQLの勉強もしてみたいですね。こういうことは好きじゃないと続けられないですよね。色々なことに興味を持って、勉強して行ければと思っています。

聞き手:宮原 徹(株式会社びぎねっと)

このページのトップへ