HOMELPICについて知ろう!合格者の声 行村 亮さん

合格者の声

1年次に取得したLPICレベル1 それが仲間たちへの求心力、そして就職活動の原動力に

ECCコンピュータ専門学校
3年生
 行村 亮さん (LPIC-1取得者)
専任教員 内山 豊彦さん

01|ITが生活で当たり前に必要な時代だからこそ勉強したい、それがきっかけでした

行村

行村 亮さん 今私たちは、インターネットを普段の生活で当たり前に使っています。この当たり前の仕事に就くのもいいな、と思いECCコンピュータ専門学校に入学することを決めました。正直、実際のITの仕事にはどんなものがあるのか、具体的には分からない状態で、何を目指せばいいのか分からない状況したが、当時、ネットワークには興味があったので、ネットワークを専攻することにしました。

 「LPIC」を知ったのは、入学時に貰った、資格一覧でした。「これを持っていたら有利」という資格を押さえようと思い、LPICレベル1はそのうちの一つでした。そしてサーバーの授業が1年次後期から始まってLinuxにも触れる機会がありました。より理解を深めたいと思ってLPICに興味を持ち出したのが取得するきっかけでした。

 101を1年次後期に取得し、4ヶ月後に102も取得しました。勉強期間は両方とも1ヶ月ほどでした。

 LPICの学習は、まったく分からない状態からのスタートでした。1年次の授業でもLPICレベル1の範囲はほとんど学んでおらず、試験範囲の内容的には2年生から始まる予定でした。

 自分で参考書を読み、自宅に仮想化でLinuxサーバーを入れてコマンドを打ったりして「こういうことなんだ」ということが分かり始めると少しずつ楽しくなってきました。楽しくなってからは勉強も進みました。現在、資格はLPIC、OracleのほかにCCNA、基本情報技術者を取っています。

このページのトップへ