HOMEビジネスパートナー制度についてビジネスパートナー一覧株式会社タフス

株式会社タフス

名称 株式会社タフス 株式会社タフス
本社住所 〒183-0023 東京都府中市宮町1-40 KDX府中ビル6F
電話番号 042-368-0311
FAX番号 042-368-8090
URL http://www.tafs.co.jp/

InterviewLinux/OSSへの取組みについて

御社の事業内容を教えてください。

顧客からも高い評価を受ける仮想化技術の実績を生かし、仮想化やクラウドをベースとしたインフラシステムの設計・構築・保守やキャリア系のグローバルVPNの構築、更にはエンタープライズ系ユーザの大規模な統合デスクトップ管理業務やセキュリティ系テクニカルサポートといったICT基盤に関わる幅広い領域のサービスを高い技術力で提供しています。

一方、創業当初から手がけるシステム開発部門では大手企業の基幹系業務システム開発やクラウド向けのウェブ開発といった分野にも長い実績と深い信頼を頂いております。

御社のビジネスにおけるLinux/オープンソースソフトウェアの役割、位置づけなどを教えてください。

専任の営業職が居ない技術者中心の当社において、変遷が早く、より技術力が要求されるLinux/オープンソースソフトウェアは重要で中心的な技術と位置づけております。
又、我々が手掛ける各業務(クラウド、エンタープライズ系システム、基幹系業務システム)においても、プラットフォームとして利用されていることが多く、その存在は必須のものとなっています。

御社ビジネスでのLPICの活用状況を教えてください。

クラウドコンピューティングへの変遷が進むにつれ技術者に要求されるタスクも、単なるスペシャリストだけでなく、より幅広いスキルを持ったゼネラリストな要素も求められるようになってきていると感じています。

当社の技術者に対する基本ポリシーは特定の分野に留まらない幅広い基礎スキルを身に着けることを技術標準に定めており、業界標準の基礎スキルを体系的に着実に身に着けることができる手段としてLPICやOSS-DB、HTML5の資格取得を必須/推奨とし、各社員のスキルアップ動機づけとモチベーション向上に取り組んでいます。

LPIC取得のための教育プログラムや、LPIC取得者への優遇策(受験費用負担、技能手当等)がありましたら教えてください。その他、社内での勉強会や技術者間の交流(取得者による取得予定者に対する指導など)等あるようでしたら教えてください。

LPICに限らずIT系や業務関連資の資格を取得をする場合は、受験費用は会社の全額負担(バウチャー利用など)となります。 加えて、対象資格(社内規定による)取得時には5段階レベルで報奨金を支給しています。

又、資格取得に留まらず、新人向けの教育カリキュラム作成や、仮想ラボ環境による実務レベルの勉強会など、社員同士で活発に活動を行っております。

今後LPI-JapanやLPICに期待することを教えてください。

LPICは、いまやIT業界を目指す若手技術者の入り口であり、更に、より高度な技術力を示すことの出来る一つの指標としてたしかな位置を築き上げていると思います。
LPI-Japan及び LPICには、今後も引き続きそのスタンスで技術者育成のシンボルとしてあり続けるとともに、クラウド時代に対応した新しい技術への貢献や展開にも影響を与えていってくれることに期待しています。

このページのトップへ