HOMEビジネスパートナー制度について企業へのLPIC導入のメリット

企業へのLPIC導入のメリット

LPIの使命とは??

LPIC(Linux技術者認定試験)とは

LPIC(Linux技術者認定試験)とは

LPICは、Linux技術者の正確なスキルを判断する世界共通基準の国際認定制度であり、公正なLinuxスキルの判断基準として国際的に認められています。
LPICは、ベンダーやディストリビューションに全く依存せず、常に中立公正な立場で、幅広い見地からLinux技術力を評価しています。
LPICは、世界最大のLinux技術者受験者数を有し、全世界のLinux技術を評価する資格試験の中で最も評価されている認定試験です。
日本でも、NEC、日立、富士通を始めとする多くの企業、教育機関、公的機関に取り入れられています。

詳細はこちらからご覧ください。

LPIC(Linux技術者認定試験)を企業や教育機関に取り入れるメリット

IT技術者の採用

LPICのどの認定を保持しているかにより、Linux技術をもった人のスキルを客観的に判定することができ、必要な人材の雇用に役立ちます。

人材育成

LPICの認定プログラムをベースに、学習者に対して系統だった学習プロセスを提示できるため、効率的に高度なIT人材を育成できます。
LPIC認定を通じて企業内のIT技術者のスキルレベルを向上することにより、企業の人材の価値、ひいては企業価値を高めます。

IT技術者の人事評価

LPICの全てのレベルの認定試験が、経済産業省が策定するITスキル標準のキャリアフレームワークに対応するIT資格として、マッピングされていますので、雇用しているIT技術者の客観的な人事評価に役立ちます。

Linux/OSSビジネスの発展

Linux/OSS関連の調達案件などにおいて、LPIC認定者がいることが競争力向上につながります。
LPI-Japanのパートナー制度を通して、ITマーケットでの認知度が向上し、企業のプロモーションに役立ちます。

教育機関における教育コースの構築

LPICの認定プログラムをベースに、系統だった学習のしくみが提供できるため、教育コースを効率的に構築できます。
LPIC合格を目標設定にすることにより、受講者のモチベーションをアップさせることができます
トレーニング後にLPICを受験することにより、トレーニングの効果を客観的に図ることができます。

企業への導入事例

このページのトップへ